1. ヘルプセンター
  2. エージェント/不動産会社向けヘルプ

家探しカスタマーにどのようなメッセージ送るのがよいですか?

希望条件を参考に、その人に合わせた独自のメッセージを素早く送りましょう

メッセージの内容

提案したい物件がある場合

提案したい物件がある場合は、物件資料を添付する形でメッセージを送信しましょう。

さらに、その物件の魅力や、なぜその家探しカスタマーにとって提案する物件が適しているのか、簡単にでも理由を添えましょう。

提案したい物件が現状ない場合

もし希望条件をもう少し明確に知りたい場合は、あなたから質問をするのがよいでしょう。

もしくは、あなたがなぜその家探しカスタマーにとって最適なエージェントなのかが伝わるメッセージを添えて、一度面談や資金計画を行う提案をしてみましょう。

具体的な物件がない分、具体的にどのようなアクションをとってほしいのか明確にしたメッセージを送ることで、家探しカスタマーとしては返信がしやすくなります。

送信のタイミング

家探しカスタマーはAgentlyに登録した直後が最も返信意欲が高いです。また、最初に受け取るメッセージが最もよく読まれるため、あなたにとって条件があるカスタマーが登録された際には、できる限り早くメッセージを送ることが返信率を高めることに繋がります。

文章の長さ

スクロールしてもなかなか読み終わらない長いメッセージは逆効果になることがあります。
最初のメッセージは最長でも300文字程度に抑え、次にどのようなアクションをとってほしいのか、明確にしたメッセージを送りましょう。